コンドームの破損にアフターピルが必要

アフターピルの種類って?

アフターピルの種類を知る

一概にアフターピルと聞いて、分かる人はどれほどいるでしょうか。名前の通り、セックスの後に飲んで避妊が出来る避妊薬です。しかし、どれもが効果や服用方法が同じと言う訳でもありません。
一般的な薬同様に、種類とそれぞれの服用方法があるのです。

まず、日本の病院で多く取り扱われているノルレボについて。避妊に特化して作られた緊急避妊薬で、従来のプラノバール錠の緊急的な使用方法より副作用を軽くすることに成功したものです。

レボノルゲストレルという有効成分が用いられていて、女性ホルモンのプロゲステロンによく似た働きを体内でしてくれます。その働きと排卵や生理の仕組みを利用して、避妊に役立てることができるのです。

そして、そのジェネリック医薬品として作られ、広く女性から人気のあるアフターピルがアイピルです。ノルレボは先発薬であることから、価格が安くはありません。
しかし、アイピルはノルレボとほぼ同じ成分で作られているので、研究・開発費ともに費用がそれほどかかっていない為、安く購入することができます。

病院で使われているノルレボ同様の効果でありながら、安く手に入るアイピルだから人気といえるでしょう。ノルレボもアイピルも通常セックス後72時間が経過する前の服用が必要です。

また、エラというアフターピルは有効成分がノルレボとは異なり、120時間以内という服用制限時間を大幅に伸ばすことに成功したアフターピルなのです。

さまざまな種類があるアフターピルの中には、1錠もしくは2錠を72時間以内に服用し、その12時間後にもう1回服用しなければいけないものもあります。それは1回服用分の副作用は少なくなる可能性がありながら、飲み忘れて避妊効果が得られない可能性もあるのです。

しかし、ここで紹介したノルレボやアイピル、エラはセックスのあと服用制限時間内に1錠を飲むだけで避妊効果を発揮してくれます。また、服用時間が早ければ早いほど効果を高めることが出来るので、避妊失敗した時には迅速な対応をするようにしましょう。