アフターピルは海外通販が良い

アフターピルを通販で購入

避妊に失敗しちゃったから、アフターピルを飲まないといけない!そう思った時、どこで買えばいいか、あなたは知っていますか。

実は、日本では病院からの購入しか認められていません。そして、病院から処方してもらうためには、事後必要な状況になってからでないといけないのです。
病院によって検査内容は異なりますが「アフターピルが欲しい」という意思は、伝えなければいけないわけですから、避妊に失敗したと自ら申告することと同じです。

もちろん、妊娠を望んでいない限りはするべきことですが、この行為自体を恥ずかしいことだと思う人も少なくないのです。
また、病院からアフターピルを処方してもらって服用するまでの時間をセックスから72時間が経つ前に行わなければいけないので、必要だと思ったら素早く行動に移す必要があります。

処方してもらう病院へ行く際にも、全ての医療機関でアフターピルの処方が可能なわけでもないので事前に電話などで確認しておくことがオススメです。

そして、特に気を付けなければいけないのは『費用』です。避妊は、治療行為では無いので保険適用外となります。その為、全額自己負担となるので検査や診察代、薬代などを含めると1万円〜2万円程度かかるとされています。費用についても、事前に確認しておくと安心ですね。

アフターピルはセックス後なるべく早く飲めば、避妊成功率は高くなります。しかし、病院が土日休みなどであれば、そのタイミングでアフターピルが必要となった時対処は遅れてしまいます。

そんなことを避ける為にも、今は通販サイトでアフターピルを購入することが出来るのです。また、通販なので周囲の人にもバレずに買える上に、ジェネリック医薬品なども多く取り扱われていたり、薬代だけで済むので病院処方よりも大幅に値段が安いのです。

通販サイトでのアフターピルの購入は、買った本人が服用する点では問題ありません。第三者に譲渡・販売すると違法になるので取り扱いに注意は必要となります。

ただ、海外からの個人輸入代行通販という形になるので、商品が到着するまでに5日〜2週間程度かかります。そのため、必要になってからでは遅いのです。

万が一アフターピルが必要になった時のことを考えて、前もって購入しておくことで病院へ行く日を待たずにすぐ対処できます。
安くアフターピルが手に入り、複数個前もって買うことも出来るので備えておきたい人にはオススメな購入方法です。

しかし、通販での購入は全てが自己責任になります。医師からの説明などももちろんありませんし、気になる症状が自身にあっても問題ないか確認する術はありません。

その為、何か気になることがある人は病院からアフターピルを処方してもらうようにしましょう。数回ピルを利用したことがあったり、特に気になる症状が無い人は通販を利用しても問題ありません。

最後に通販を利用する際には、偽物を販売しているサイトもあったりするので信頼出来るサイトかどうか見極めた上で購入するようにしましょう。