コンドームの破損にアフターピルが必要

アフターピルの種類って?

アフターピルの種類を知る

アフターピルにも、一般の薬同様にいろいろな種類があります。代表的なものには、どんなものがあるのでしょうか。従来の避妊用のピルとの違いや服用方法を見てみると、アイピルの人気がある様子がみえてきます。

» 詳細を確認する

避妊を必要とするとき

アフターピルでの避妊が必要

避妊が必要になる緊急事態、アフターピルを飲む時とは一体どのような状況があるのでしょうか。それは一般的に多いとされるコンドームでの失敗の他にも避妊方法自体の間違いや最悪の出来事が起こる可能性もあります。

» 詳細を確認する

アフターピルは海外通販が良い

アフターピルを通販で購入

病院でしかアフターピルは買えない、と思っている日本人女性はどれほどいるでしょうか。実は今、海外通販サイトを利用している人が増えてきているのです。一体どういうことなのでしょうか。

» 詳細を確認する

コンドームが破れた時の避妊

コンドームが破れたら避妊失敗

彼氏や旦那さんと夜に盛り上がった、でも子どもは今望んでないからコンドームをつけたのに・・・。破れてしまった、なんてことが起きてしまう可能性もあります。
実際に予想外の妊娠をした人は、どれほどいるでしょうか。

私の周りにも、その失敗によって妊娠した人が数名います。男性側にも納得してもらって無事に出産した人、女性1人で赤ちゃんを産んだ人、中絶を選んだ人など答えはそれぞれです。

そうなる前に、セックスのあと最終手段として避妊のために出来ることがあります。きちんと避妊のことを知らない人は、女性の膣内を洗浄することだと思うでしょう。

それは、ほとんど意味がありません。膣内に漏れ出てしまった精子が少量であっても元々数億個ある、ごく小さな精子を1つ残らずキレイに全て洗い流すことは不可能なのです。

正しい避妊方法は、アフターピル(緊急避妊薬)を飲むことです。そうすることで、正常な生理周期を待たず、強制的に生理を引き起こせるのです。もちろん、体に負担はかかります。

避妊の為に、本来分泌されるはずの無いホルモン量がアフターピルの服用によって体内に吸収されるからです。この働きのおかげで、排卵後だと勘違いを起こします。
そして、アフターピルの成分の吸収が終わると生理を引き起こすきっかけとなり、服用から3日〜3週間以内に子宮内膜が剥がれ落ち、生理が起こるのです。

現在、日本でアフターピルを手に入れられるのは必要になって、産婦人科などの病院に駆け込んだ時だけです。それ以外の購入方法は認められていません。

そのため、「コンドームが破れた」などで避妊に失敗した可能性があっても、病院へ行く時間の都合がつけられなかったり、医師に説明したり周囲にバレるかもしれないという抵抗感から行動できずに、そのまま妊娠する人もいるのです。

ただ、最近では海外の商品を個人輸入代行通販サイトから購入することができます。

その通販サイトを利用する前にコンドームが破れたり、外れたりした後の対処法について自分自身の為にも、知っておく必要があります。
そして、より確かな避妊を求めるのであれば低用量ピルを飲むなどして、日頃から対処するようにしましょう。

(参考:低用量ピル通販.net